プロパンガスのイメージ

以前に住んでいた賃貸のハイツがプロパンガスでした。都市ガスとプロパンガスの違いもわからないくらい、そう言った知識は無いに等しかったのであまり気にせずに契約に進んでしまい、その名前も聞いたことがなかったプロパンガス料金の高さに驚愕。夏場に引っ越し、調理器具はIHだったのでガスを使うとなるとお風呂の時くらいだったにも関わらず以前住んでいた(都市ガス)時の2倍近くは高いガス代請求がやってきました。なんでこんなに高いのかと不思議になってどこからともなくガス漏れしているのでは?とも疑ってしまうほどでしたが、そんなことはなく調べてみるとプロパンガス自体の単価が高いとのこと。熱量としては都市ガスよりあるそうですが、ここまで高いと引越しの際にひとつの判断基準にすべきだったと少し後悔したほどでした。冬場はどうなるのだろうと怯えながらも厳しい冷え込みに、お湯を使わないわけにもいかず。たまには湯船にも浸かりたい、お皿を洗うにも水では限界だと開き直って使っていると家賃の1/3に値する金額がガス代に消えることになりました。せっかく家賃が安いところをみつけたのにこれじゃ意味があまりないな…と感じたのも事実です。都市ガスは配管が地中なので地震などで供給がストップしてしまうのとがありますが、プロパンガスだと家の外にボンベを業者さんが運んできてくれるので供給が止まって使えなくなってしまう心配がなく災害に強いとはいえども、それでも高いと感じます。事前によくよく調べなかったわたしが悪いのですが、これから引っ越しをお考えのみなさんも、毎月かかってくる絶対的な支出であるため、是非ガスの種類はチェックされるのが良いと思います。